ビートンソリューション|ビートンソリューション建築見積ソフト みつもりLight SEO支援アトラス 簡易ホームページ制作タブレdeポイントエックス線漏えい検査 緊急地震速報

各種資料のダウンロード>ネット購入率・利用率について(2006年7月)

ネット購入率・利用率について(2006年7月)

06年情報通信白書 ネットで購入25%超に 消費者の商品評価増加

参考資料 (情報通信白書より消費者のネット利用率を報告)

総務省は2006年7月4日、2006年版の「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)をまとめました。 白書は、商品を購入する手段としてインターネットを活用する消費者が26・1%と全体の4分の1を上回ったと 指摘。商品購入に先立ってネットで情報を収集する人の割合は62・0%に上り、インターネットが消費行動に 大きな影響を及ぼしていることが改めて浮き彫りになりました。

白書は、ネットが「(商品の)供給者と消費者の間にある時間的、空間的な制約を克服し、情報ミスマッチの 解消が進んだ」と強調。パソコンの検索機能向上に加え、日記風の簡易サイト「ブログ」などの消費者発信型 メディアの普及を受け、「消費者側からの商品評価に関する情報が増加したため、ネット情報の価値を飛躍的に 高めた」と分析しています。

一方、白書は、迷惑メールやウイルスなどネット社会の「影の部分」にも言及。今後の課題として「安心・安全な IT(情報技術)利用に向けた取り組み」を掲げた。また、子供を狙った犯罪の多発を受け、全地球測位システム(GPS) 機能搭載の携帯電話で子供の現在地を把握し、保護者に通知するサービスの導入例なども紹介しました。

ポイント

1.インターネット利用による商品購買率 ・・・26.1%
2.購入前にインターネットで情報を収集する人の割合 ・・・62.0%

上記のことからも、インターネットにお店や商品の紹介をすることはある意味常識的な流れになっています。 如何に手軽にインターネット上に新鮮で信頼性の高い情報を提供できるかが生き残りの大きなカギとなって 行くのではないでしょうか?

この機会に是非ホームページの無い企業様はV-Cityに加盟・申込み下さい。 ⇒ 加盟店申込ページへ

株式会社ビートンソリューション BtoN Solution Co.,Ltd
All Rights Reserved.Copyright(C)2013.BtoN Solution Co.,Ltd